Report
104

2021.06.10

大工さん到着

自分たちと最強ヘルパーでがむしゃらに解体を行い、一通りなんとか整ったところで
最後の解体仕上げに解体屋さんが登場。
床を壊してみたら、お隣と全然違う工法であることが判明。解体はミステリー。

そして、、、大工さんが登場!
今後の自主施工のために大枠をつくって頂きます。
プロが頼もしく輝いて見えます。。。
古材の差し入れも頂きました。
少しずつ、場所の骨格が見え始めます。

2021.05.17

解体開始

解体始まりました!力強い助っ人に支えられ、あっという間に進んでいく解体作業。
早い梅雨入りの中、皆汗だくで防護メガネも曇りまくります。
でもバール片手の解体は片付けるたびになんだかスッキリ、ストレスが飛んで行きます。
半日頑張ったあとはお隣で新規開店のデリでランチ。
美味しいものが入れ替わり立ち替わりでランチ時間が充実しそうです。

2021.05.13

庭がまちに開かれました

堅牢な生垣に阻まれ通りから隔たった104の庭。造園家にご協力頂き、あれよあれよという間にオープンな場に変わりました。
廃棄される予定だったソテツちゃんは、まさかのラブコールでお隣のR(アーーーーール)さんに引き取られました。剪定されて男前になったソテツちゃん。まさにアップサイクルです。
残された草地は、「まちとみどりの実験室」でアドバイスを頂いている尊敬するプランタゴの田瀬先生のご指導のもと、選択除草をする為に「ももも商会」さんの携帯アプリで種類を調べ、調査しました。
どんな緑を植えようか。育てようか。狭くてもしっかり生きている土からエネルギーをもらって元気になった作業部隊「curious」「ももも商会」でした。
© ikedayukie onotoshiharu architects all rights reserved.